金持ちのお金の使い方

金持ちと貧乏の差は、お金の使い方だと思います。お金持ちは、持っているお金を更に増えて行くことに使うと思います。具体的には、外貨貯金や資産運用など、子供の教育費などのかけ方も違います。持っているお金を、減らさないような使い方をしていると聞いたことがあります。貧乏な私は、増やすためのお金がそもそもありません。日々の生活費に消えていくので、基本的に減るばかりです。所有している車も違います。外車の高級車、もしくはレクサスなどの高級車です。子供にかける教育費などにも差があります。公立の学校ではなく、私立に通わせている方が多いようです。将来の学歴などにも差が出来て、将来の収入の差にも繋がっていきます。

金銭感覚の差で起こる金持ちと貧乏の差

金持ちと貧乏の決定的な差は、やはり「金銭感覚」だと思います。金持ちの人は、お金の使い方について、金持ち特有の金銭感覚を持っているかと思います。その金銭感覚が貧乏の人が持てるかというとなかなか難しいことかと思います。金持ちの人と貧乏の人が同じ金銭感覚を共有することはおそらく実現不可能なことでしょう。金持ちの人は金持ち特有の金銭感覚で生活をしているので、それを貧乏の人ができるのかは、現実的に不可能でしょう。